全てのショットで正確性と戦略性が問われるホール
右サイドは広いが狙い目は正面の木の右側がベスト。
セカンドで距離を欲張ると3本の木がスタイミーになりやすいので刻むなら木の手前に。
左グリーンは馬の背型なので、ピンポジが奥の場合は思い切って突っ込むこと。手前からは距離を合わせにくく3パットしやすい。

  左グリーン 右グリーン
535 510
512 487
493 468
289 353
289 353